ニキビ跡を消したいと思ったら、まずは理論を学ぼう!

ニキビ跡を消したいと思ったら、まずは理論を学ぼう!

肌トラブルの中でも、ニキビに悩まされている方は多いかと思います。

 

目立つ位置にできてしまうと、憂うつな気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

ニキビ自体も悩みの種ですが、治まってから跡が目立ってしまうのも厄介ですよね。

 

ニキビ跡を消したいなら、どうすれば良いのでしょうか?

 

跡ができてしまう仕組みとともに、対処法を紹介していきます。

 

是非ご参考ください。

 

目次
開く閉じる

 

気になるニキビ跡はなぜできる?

 

ニキビ跡と一口に言っても、その特徴からいくつかのタイプに分類することができます。

 

主なものに、赤みがかっているタイプ、シミのように茶色っぽくなる(赤紫色のようになることも)タイプ、そしてクレーターのように肌がへこんでしまうタイプがあります。

 

それぞれのタイプの跡がどのようにしてできてしまうのか、詳しく見ていきましょう。

 

赤みがかっているニキビ跡は、主に血液の流れが滞っているために起こります。

 

ニキビによる炎症から、炎症を起こした付近の血流が悪化し、血が溜まっているために跡が赤く見えます。

 

シミのようになってしまう茶色っぽいニキビ跡は、メラニンの色素沈着によるものです。

 

メラニンは紫外線など外部の刺激から、肌を守るために作られる成分です。

 

ニキビができ炎症が起こると、肌を守ろうとメラニンが作られます。

 

そのとき作られたメラニンが肌に残ってしまうことがあり、これがニキビ跡となってしまいます。

 

クレーターのようになってしまうタイプは、肌の表面ではなく、奥側がダメージを受けることで起こります。

 

炎症の程度が重いために起こることもありますが、多く見られる原因はニキビをつぶしてしまうことです。

 

ニキビをつぶしてしまうと、炎症が悪化して皮膚の組織を壊してしまう恐れがあります。

 

つぶすのは避け、肌にダメージを与えないよう顔の洗い過ぎにも気をつけましょう。

 

洗顔は1日2回を目安にしてください。

 

ニキビ跡を消したいなら?ターンオーバーを意識せよ!

 

では、ニキビ跡を消したいなら、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

赤みがかったタイプや、色素沈着による茶色っぽいタイプのニキビ跡の場合、肌が正常に生まれ変わることによって薄くなり消えていきます。

 

この肌が新しく生まれ変わることをターンオーバーと言い、約28日周期で繰り返されていきます。

 

このターンオーバーが正しく起こらないと、肌の代謝が滞ってしまい、ニキビ跡が残ったままになってしまうんです。

 

ニキビ跡を改善させるためには、ターンオーバーが正しく行われるよう、肌をケアすることが大切と言えます。

 

ただ、クレータータイプのニキビ跡の場合、改善させるのが難しくなることもあります。

 

治りにくい場合は専門医に相談すると良いでしょう。

 

では、ターンオーバーが正しく行われる状態を作るには、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

次の項目で詳しく紹介していきます。

 

関連記事

 

ニキビ跡を消したい!基本的なケアと生活習慣の見直しがポイント

 

ターンオーバーが正常に行われるようサポートするには、基本的なスキンケアを怠らないこと、そして生活習慣を見直すことが欠かせません。

 

洗顔をしてきちんと汚れを落とし、そしてしっかり保湿をすることを心がけましょう。

 

肌を傷めてしまうのでゴシゴシこするように洗うのは避け、洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むようにして洗うよう意識します。

 

また、洗顔料はしっかりすすいで落とすようにしてください。

 

紫外線から肌を守ることも、ニキビ跡改善につながります。

 

紫外線を浴びることで、ターンオーバーの周期が早まることがあります。

 

新しい肌細胞が完成する前にターンオーバーが起こると、色素沈着を引き起こすメラニンが排出されず残ったままになってしまいます。

 

また、肌が完全に出来上がっていないため、ダメージを受けやすく、肌トラブルを起こすリスクが高まります。

 

外出時には日焼け止めを塗るなど、UVカットを心がけましょう。

 

睡眠をしっかり取ることも大切です。

 

睡眠を十分に取ることで、ターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されます。

 

それだけでなく、食生活を改善することによっても、肌を健康的で美しい状態へと導くことができます。

 

揚げ物やスナック菓子など脂っこい食べ物、甘いお菓子は控え、肌に良いビタミンCやビタミンAを積極的に取り入れるようにしましょう。

 

ビタミンCは野菜や果物、ビタミンAは緑黄色野菜やレバーなどに豊富に含まれています。

 

また、たんぱく質にはターンオーバーをサポートする働きがあります。

 

魚、肉、大豆、乳製品、卵といったたんぱく質も取り入れつつ、栄養バランスの良い食事を心がけていきましょう。

 

しっかりと対策をして、消したいニキビ跡の改善や予防につなげていきたいですね。

 

正しくターンオーバーが行われるよう生活習慣を見直し、美しい肌を作っていきましょう。

 

関連記事